2016年11月03日

つなぐ家 稲沢

ご両親が大切にしてきた築40年の母屋を「古民家のようにリフォームしたい!」
以前リノベーションをしました美容室「Tiss」をご覧いただきご相談を受けました。
このようなご依頼はほんとうに嬉しく、ありがたいものです。

P1030104 (360x270).jpg

建物は、土葺瓦屋根、土塗壁の仕様。
この地域特有の造りになっています。
非常に重い建物で、耐震診断の結果は0.42。
南北に風が抜け夏は涼しいが、冬はかなり冷えるそうです。

P1000720.JPG
計画 南立面
P1000725.JPG

1階だけでも約40坪の広さ、ご夫婦と愛犬との生活には十分なスペースがあります。
2階は屋根を下げて、全て小屋裏収納にします。
内装は和室を除き一新します。キッチン、浴室等の水回りも入替え、断熱工事も行います。
耐震補強も行い、助成金の申請も行いました。

P1000722.JPG

東側の庭との関係も改善しました。
キッチンとダイニングは東の庭につながるようになります。
東の窓からは、気持ち良い朝日が差し込みます。

in.ske.jpg

木造ならではの既存の小屋組みをあらわし、古民家のような大らかさと落ち着きのある内装にします。
また新しい設備と断熱性の向上により快適な暮らしができるように計画しています。
思いと記憶を受け継ぐことで、新築とは違う魅力ある住まいになるよう心掛けています。




2016年10月15日

木立に暮らす家 断熱工事

今日は久々に清々しい秋晴れとなりました。
先日行われました軸組と屋根の中間検査の後、断熱の検査も行われました。

P1040343_ShiftN.jpg

事務所のサインも中央に付けていただきました。

P1040339.JPG

壁は、パーフェクトバリア13k100、屋根は、フェノバボード45+45=90
断熱等性能等級4は楽にクリアしています。

P1040346.JPG

今回の屋根は、南が4寸勾配、北が3寸勾配になっています。
化粧の登り梁の上に母屋を設け断熱材を敷きました。

2016年10月03日

佳水苑 ウエスティン都ホテル京都

夏の終わりに、京都東山に佇む、佳水苑(ウエスティン都ホテル)に訪れました。
いつかは訪れたいと思っていた所で、ようやく願いが叶いました。

都ホテルとしては、1900年に創業され、1960年村野藤吾の設計により現在のRCの本館が完成。
その後、スターウッド・ホテル&リゾートと提携し本館は大規模なリノベーションが行われています。

ホテルは傾斜地にあるため、佳水苑は本館7階と連絡しています。
戦後の数寄屋建築として有名ですが、和室の別館として造られ、ロビーと20の客室により構成されています。

ka1.JPG
本館7階から、外部に出て佳水苑の門をくぐります。

ka2.JPG
中庭が見えてきます。

ka3.JPG
中庭を囲むように、ロビーと客室通路があります。

ka4.JPG
佳水苑のエントランス

ka5.JPG
開放的なロビー

ka6_ShiftN.jpg
白砂に浮かぶ中庭の緑はひょうたんと徳利。
醍醐寺三宝院の庭を模して造られたそうです。

造られてから、五十数年が経過しているため宿泊施設としては最新とは言えません。
しかし、ここでの宿泊は他では得られない満足感があります。
細部からも建築家の並々ならぬ思いが伝わってきます。
夏の終わりに心地よい活力をいただきました。

佳水苑 都ホテル和室別館
設計:村野藤吾
竣工:1959年

posted by TM at 10:32| Comment(0) | 建築