2017年05月28日

木立に暮らす家 竣工写真

昨年7月に着工し、3月末に完成しました、「木立に暮らす家」の竣工写真が届きました。
撮影 車田写真事務所

kz1.JPG

kz2.JPG

kz3.jpg

kz4.jpg

kz5.jpg

kz6.jpg

kz7.jpg

kz8.jpg

kz9.jpg

kz10.jpg

kz13.jpg

木立に暮らす家
第一種低層住居専用地域 第一種風致地区
木造2階建
延べ床面積 120.9 u
施工 吉富工務店 株式会社
造園 輪鼓装飾店


2017年04月28日

つなぐ家 稲沢(リノベーション) 竣工しました

約5か月の工事を経て、つなぐ家が完成しました。
1976年に竣工した木造2階建ての母屋の耐震補強と
内外の仕上げを一新する本格的なリノベーションです。

ng1.jpg

ng02.jpg

ng3.jpg

ng4.jpg
居間とダイニングは対角につながります。

ng5.jpg
2階の床梁には丸太が使われていました。

ng6.jpg
この丸太も天井裏にあったものです。

ng7.jpg

ng8.jpg
寝室→洗面→ダイニングと短い動線でつながります。

ng9.jpg
元の小屋組みの上に化粧の野地板を張り、その上に断熱と通気をとりました。

ng2.jpg

床面積 
1階 137u
ロフト 75.2u
施工 眞鍋大工
竣工写真 車田写真事務所


2017年04月08日

横須賀から横浜

仕事も少し落ちついてきたので、春休みに横浜へ出向きました。
朝7時に名古屋を出て途中2度SAで休憩し、お昼前に横須賀に到着。

IMG_6694.JPG

横須賀は初めてですが、街はとてもきれいです。
定番のハンバーガーはすごいボリュームで、美味しくいただきました。

IMG_6705.JPG

さらに三浦半島の先へ行くと横須賀美術館があります。
美術館は東京湾に面しており、湾の向こうに房総半島が見えます。

IMG_6701.JPG

壁、屋根ともほぼガラスばりですが、その内側に薄い壁(スキン)を設けています。

宿泊は、横浜ニューグランドホテル。
目の前が山下公園で、中華街も近く、利便性も最高です。

IMG_6728.JPG

IMG_6738.JPG

学生時代の友人と、かつてバーでカクテルを飲んだのを思いだしました。
中華街で夕食をすませ、シーバスでみなとみらいまでクルージング。

IMG_6721.JPG

ランドマークタワーの足元にあるドックでは、プロジェクションマッピング(無料)が行われています。
テーマは、YOKOHAMA ODYSSEY。

IMG_6715.JPG

平日の夜でしたが、横浜美術館前でも音と光の演出が行われていました。

あくる日は、三溪園へ。

IMG_6744.JPG

気候も良く、庭園を回遊しながら、古建築を見てまわります。
櫻はまだ三分咲きでしょうか。

P1040602.JPG

お目当ては、この聴秋閣
1623年 佐久間将監(さくましょうげん)
飛雲閣にも似た、独創性を感じます。

P1040600.JPG

間取りを見ると、この建物の一角に不整形な空間があり、大変興味がわきました。
しかしその部分は立入禁止で、近づくことができません。。。
小さく瀟洒な建物ですが、造り手の意欲が伝わってきます。


posted by TM at 00:31| Comment(0) | 街・景観

2017年02月19日

木立に暮らす家 まもなく完了検査

P1040582.JPG

メタセコイア広場と南に面する住宅地との間には緑地帯があります。
僅かな距離ですがこの雑木林をぬけるのが楽しみになりました。

P1040555.JPG

手造り感がいっぱいの家が姿を見せています。
ゆっくり丁寧に。作り手の息づかいが結晶となるように。

P1040580.JPG

隠し框の木製建具
収納網戸のレールは掘り込み隠蔽しています。
目の前に広がる桜が楽しみです。

P1040571.JPG

内部は建具の取付け、クリーニングまで終えました。
まもなく外構の擁壁型枠も外れ、建築の完了検査になります。


2017年01月28日

つなぐ家 着工から足場が取れるまで

9月24日のお祓いから約3か月になります。
使われなくなった2階を減築し、耐震補強、屋根の葺き替え、外装工事が終わりました。
新年早々に足場が取れお披露目となりました。

P1040505.JPG

母屋の2階の屋根を下げ、小屋裏収納としました。
1階の負担も軽減され、すっきりしました。

P1040347.JPG

解体前の2階の小屋組みです。
約40年前の典型的な木造の様子がわかります。
立派な材から、作り手の思いが伝わってきますね。

P1040355.JPG

一度小屋組みを解体し、柱をカットして屋根を組み直します。
大変な作業でした。

P1040358.JPG

居間の天井を取り払うと、2階の床組には丸太が使われていました。
思いがけない展開です。この空間を上手く生かすよう設計変更しました。

P1040504.JPG

内装も佳境となってきました。
施工は当時のことを良く知る地元の大工さん。
労を惜しまない丁寧な仕事はありがたいものです。

2016年12月24日

木立に暮らす家 年末の打合せ

おそらく今年最後になる?現場打合せを行いました。
月日が経つのは早いもので、公園のメタセコイアもすっかり冬景色。
真夏に行った建前が夢のようです。

IMG_6527 (640x480).jpg

P1040383.JPG

11/7 上の写真は天井に不燃木突板が貼られた直後の様子です。

P1040466.JPG

P1040471.JPG

壁も仕上がり、木部の塗装との組み合わせもイメージどおりです!
(木部はリボス塗布 ウォールナットとクリアーを同量混合しています。)

本日は木製建具の取手や金物について打合せを行いました。
キッチン、造作家具、こだわりのタイルの施工も確認できました!!

IMG_6511 (640x480).jpg

足場も取り払われ、いよいよ年明けから外構工事がはじまります。
緑化(30%)が行われ、どのような景色になるか楽しみです。