2016年10月03日

佳水苑 ウエスティン都ホテル京都

夏の終わりに、京都東山に佇む、佳水苑(ウエスティン都ホテル)に訪れました。
いつかは訪れたいと思っていた所で、ようやく願いが叶いました。

都ホテルとしては、1900年に創業され、1960年村野藤吾の設計により現在のRCの本館が完成。
その後、スターウッド・ホテル&リゾートと提携し本館は大規模なリノベーションが行われています。

ホテルは傾斜地にあるため、佳水苑は本館7階と連絡しています。
戦後の数寄屋建築として有名ですが、和室の別館として造られ、ロビーと20の客室により構成されています。

ka1.JPG
本館7階から、外部に出て佳水苑の門をくぐります。

ka2.JPG
中庭が見えてきます。

ka3.JPG
中庭を囲むように、ロビーと客室通路があります。

ka4.JPG
佳水苑のエントランス

ka5.JPG
開放的なロビー

ka6_ShiftN.jpg
白砂に浮かぶ中庭の緑はひょうたんと徳利。
醍醐寺三宝院の庭を模して造られたそうです。

造られてから、五十数年が経過しているため宿泊施設としては最新とは言えません。
しかし、ここでの宿泊は他では得られない満足感があります。
細部からも建築家の並々ならぬ思いが伝わってきます。
夏の終わりに心地よい活力をいただきました。

佳水苑 都ホテル和室別館
設計:村野藤吾
竣工:1959年

posted by TM at 10:32| Comment(0) | 建築