2015年12月31日

今年もあと僅か

今年もあと僅かになりました。
迷走していた新国立競技場が再コンペにより12月22日決定されました。
与条件のあり方、マネジメント能力、唐突な白紙撤回、デザインビルド方式の再コンペと審査。
最後まで不可解な事ばかりでした。
果たしてこのようにして選ばれた案が祝福され、誇れるものになるのでしょうか。
情報公開、合意形成によりつくる仕組みが見えません。
このようなことを繰り返さないためにも、数々の問題点を問い続ける必要があります。

話題は変わりますが、先月近江八幡を訪れました。
blogがずれ込み、このタイミングです。。。

IMG_5311.JPG

近江八幡は戦国時代に豊臣秀次により築かれた城下町。
写真の八幡堀は歴史を感じさせる景観です。
琵琶湖を行き交う船を通過させることにより、街が発展したそうです。
高度成長期にはかなり荒廃したようですが、見事に蘇りました。
小樽運河も同じですね。

IMG_5323.JPG

近江商人の街並み。
少し先にはヴォーリズの手掛けた建築が複数残るエリアがあります。

IMG_5290.JPG

八幡堀の北東、和菓子で有名な “たねや” が経営するショップ “ラコリーナ近江八幡” に立ち寄りました。
壁一面にお菓子の古い型板が埋め込まれています。

IMG_5274.JPG

和菓子、洋菓子の販売とカフェのあるお店です。(設計 藤森照信)
背後の八幡山との間に、いくつかの関連施設が意欲的に造られています。
歴史ある町に新たな魅力が加わり今後の展開が楽しみです!


posted by TM at 00:10| Comment(0) | 街・景観
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: